2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2014.12.17 (Wed)

お布施

IMG_1164.jpg

6500円のCDとかこの世にあるんですね・・・こんなの買う信者怖いです><
スポンサーサイト
EDIT  |  23:23  |  GIZA  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2013.03.31 (Sun)

盆と正月

Garnet Crowは解散し、熊木杏里は妊娠。

いきない2つも衝撃的なのはご勘弁頂きたい…

昔好きだったあの歌手もあんなことになったし、月日というのは残酷です。

熊木杏里は一生応援していこう。
EDIT  |  23:57  |  GIZA  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.03.07 (Wed)



ありがちなカバーだけど、熊木杏里の魅力がわかりやすく伝わるカバーです
EDIT  |  22:40  |  GIZA  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.07.23 (Fri)

遺憾の意

上原あずみに愛人詐欺疑惑

なんだこれ・・・・さすがにスリル!ショック!サスペンス!

長い間彼女のファンでした。
コナンソングとして定番だった無色、青い青いこの地球に。ドコモのCMにも使われた Special holynight
とくに大きなタイアップもなく売り上げ的には良くなかった「Lazy」は一番好きでした。
アルバム無色はそこそこのヒットであったにもかかわらずその後3年の活動停止。

今思えばあのころが一番良かったのかもしれません。

復帰曲の人生ゲームは贔屓目に見てよく聞いてはいましたが、昔の上原あずみらしさというものはなにか抜け落ちていたように思えます。

この頃からだんだんと関心が薄れていき新曲を出しても2,3度聞く程度にまでなってしまいました。
鬱な詩を書く彼女よりは明るい気分になれるテクノポップアイドルのほうが気が楽であるし、世間一般の注目度が高いことは情報も多い。
上原あずみは完全なる過去の人になっていました。

まさかこんなことになるなんて、としか言いようがないですが初めて好きになった歌手でこれは悲しいな。

上原あずみ 秘密

あの場所へ戻りたい
引き返したい 引き返せない
終わりを告げられ 終わりを告げたから
深紅の雨が止む事なく とめどなく降り続ける


突然の活動停止からの復帰曲の詩の冒頭部分から。なにかやっぱりあったのかな。

EDIT  |  01:19  |  GIZA  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2007.07.24 (Tue)


ただ疲れたんだよ 何を見るのも誰かを想うのも
そうして何かが壊れて自分が壊れた
叫んでる 一人でも戦いぬける力がほしいよ Clash!Clash!

上原あずみ「Clash!Clash!」

上原あずみとの衝撃の出会いがこの歌でした。当時から下手ウマ系と言われるちょっと馬鹿にされた扱いを受けていた彼女でしたが、この曲にみられるような暗い詩を書く時に魅せる才能は同世代の中では一つ抜けた存在だったと思います。代表曲「無色」後の謎の3年の休養が惜しまれるばかりです。
EDIT  |  00:59  |  GIZA  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。