2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.05.28 (Sat)

もう一つの東京優駿

ムーンバラッド。
その名を聞いたとき競馬ファンたちは期待に胸を膨らませた。
世界最高峰のドバイワールドカップを5馬身ちぎった馬が日本に種牡馬としてやってくる。オーナーはドバイWC主催者でもあるゴドルフィン。ムーンバラッドはモハメド殿下の日本での馬主進出への布石を打つための馬としての来日だったのかもしれない。

しかし、期待にそぐわず産駒達は結果を残せなかった。
当初は喧々諤々を呼んだ殿下の日本進出も次第に忘れ去られていき、昨年日本にやってきたデボネアもその例に漏れなかった。えらそうな名前の割りにも大して人気にもならなかった。騎手も丸山やテツゾーだった。

デボネアの血統を辿っていくと母=ヴェルヴェットクイーンの半弟にムーンバラッドがいる。
殿下の今回の来日はこの血統に対する思い入れの表れなのではないだろうか。ムーンバラッドは今種牡馬失格の烙印を押されてイギリスで功労馬として過ごしているという。もし、ダービーで甥っ子が結果を残せばこの血統の力の証明になるだろう。

今年、奇しくもドバイWCを日本馬ヴィクトワールピサが日本勢初制覇を成し遂げた。出来すぎた結末もあっていいと思う。
----------------------------------------------------------------------------------------

殿下のコメント

●H.H.シェイク・モハメド氏のコメント
「私は競馬を心から楽しんでいます。
日本以外でもたくさんの国で馬を所有していますが、日本でも所有したいとずっと思っていました。
その国で馬を持ち、日本ダービーに出る意義は大きいです。
今回、愛馬が日本ダービーに出走することになり、ようやく来日することができました。
日本ダービーを観戦し、東京競馬場の雰囲気、そしてダービーを応援するファンの大歓声に感銘を受けました。
私はホースマンであり、競馬とは何かを知っています。
レースの結果がどうなるのかは、誰にもわかりません。
でも、勝つことを夢見るのが競馬なのです。
今年ダメなら、また来年、そしてまた次の年へと夢が続くのです。いつも夢を持てるのが競馬です。
来年もぜひ戻ってきたいと思います」
スポンサーサイト
EDIT  |  23:17  |  競馬  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2011.05.26 (Thu)

78回東京優駿

大雨なので印撤回します

◎トーセンレーヴ
○コティリオン
▲オルフェーブル


なんだかんだで連闘の二戦とも現地で見たレーヴのダービーへの心意気を買って◎に。
使い詰めを心配されてるみたいですが2歳から走ってたわけでもないのにこの程度で壊れるほど馬はやわでもないです。
3連複1点と○の頭以外の馬単BOX4点買いに◎の単勝。
コティリオンが一番強い気もするんだけれど、うん小牧がダービージョッキーってのは脳裏に浮かびません。

簡単なレースでもないと思うのでいろいろな買い方があるでしょう。優駿たちよ良きダービーを!
EDIT  |  23:53  |  競馬  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.05.23 (Mon)

朱に交われば

自分だけかなと思っていたことが他の人も同じ意見を持っていたりする。

誰が見ても嫌なことは嫌。いいことはいい。誠実に生きようと思う。
EDIT  |  00:35  |  まじめ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.05.20 (Fri)

負けても負けても馬の虫

児玉清。こんな人間でありたいランキングならベスト3には入るであろう。

一言で言えばダンディー。渋いおじいさんともおじいちゃんとも違うおじさま。

あれほど博識な人が亡くなってしまうとその知はどこへ行ってしまうのか。ただただ勿体無いと思う。
でも、そこで得たことを伝えることが出来るのもまた本なのだ。

「寝てもさめても本の虫」 テンバイヤーが去った頃にじっくり読んでみたい。
なんだよマーケットプレイス2800円って
EDIT  |  22:30  |  読書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2011.05.14 (Sat)

晴れのち雨のち

10時ちょっと前頃いつものところに到着。
1Rは斉藤牧場さんのステラを買おうかと思いつつもヨシトミ先生が人気無いのでそっちに鞍替え。
適当にワイド流しの馬券を買ってクリアファイルをもらうくじ引きに行く。

抽選会場は絶好の競馬日和でしたが人は少なめ。JRA大丈夫なのだろうかと心配しながらティッシュ箱からボールを選ぶと・・・

ざわ・・・ざわ・・・

くっくっく・・・まさか一発で!?

EDIT  |  20:15  |  競馬  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2011.05.13 (Fri)

ヴィクトリアマイル

競馬の歴史上、ルールとしてブエナビスタが勝つことはないと思ってます。
1,5倍とか被ってくれるのなら目のある馬全て単勝買おうと思ってました。

しかし!目のある馬が多すぎる。冷静に見ればアパパネだけ買っておけばいいのかもしれないけど。。
一つだけ間違いないのはブエナビスタが勝ったら競馬熱はきっと覚めます。
だって自分の見てきた、やってきた競馬が否定されるのだから。


冷めされられる前に明日の最終ダンシングマオで海外逃亡資金を作ろう!
久々に自信あります。50倍くらいつかなイカ?


※追記

ヴィクトリアマイルは単勝で2,16超おまけで11の実質2点買いで行きます。ワイド2-16も手厚く。
EDIT  |  21:04  |  競馬  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2011.05.06 (Fri)

シアター1読了

図書館戦争・阪急電車などで知られる有川浩(ありかわひろ)の劇団物でした。

相変わらず甘い展開なんですがそこがいいんだろうな。取材が効いているのか著者の中でも一番好きかもしれません。シアター2をこれから読むのが楽しみ。

聡明な兄と3つ離れたいじめられっこ気質な弟。そんな二人も弟が演劇と出会うことで自立してゆき、自らが主宰する劇団「シアターフラッグ」を立ち上げます。しかし、借金が300万円もあったことが発覚し今後が危ぶまれていたところに沢城みゆきが登場し・・・

単純な誰でも面白いものを作って何が悪いんだ。薄っぺらいとか言うな! という発言が主宰からあるわけですがこれは有川浩自身の代弁なのかな、と受け止めました。いいよねありがちラブコメ。
EDIT  |  23:03  |  読書  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。